放射能 移住

放射能を避けて移住したいけど失敗が怖い、後悔したくない

放射能を避けて移住したいけど失敗が怖いという理由で移住を後回しにしている人のためのサイトです。

 

2011年の福島原発事故以降、放射能が漏れ続けているわけですが、東北地方、関東地方は放射能汚染が深刻なことになっています。放射能は目に見えないことや、ただちに影響がないこともあり、多くの日本人はマスコミに洗脳され、放射能被害はなくなったものだと勘違いしています。

 

今現在でも放射能を避けて西日本や海外への移住を検討している方であれば、基本的な放射能対策はこれまでしてきていると思いますので、これから移住するのでも遅くはないと思います。できるだけ早く移住すべきです。

 

 

移住して失敗・後悔した理由トップ3

移住したけれども失敗・後悔したと感じた理由のトップ3を集めました。

 

1位 仕事

1位はなんといっても仕事です。

 

地方は仕事が極端に少ないです。そして2位のお金の問題にもつながりますが、給料もかなり安いです。なんとかなると思って移住を決断したものの仕事が全然決まらなかったり、ようやく決まった仕事先が1年後には倒産してしまったりと・・・ 地方は都内の人が想像している以上に不景気なのです。

 

2位 お金

移住するのにはお金がかなりかかります。さらに仕事も少なく安月給になるのでお金が足りなくなります。もっとお金を貯めてから移住すればよかった。都内で給料が良いうちに贅沢をせずに、貯金や資産運用をしておけば良かった。

 

そういった意味での後悔が多いようです。

 

3位 地方の地域社会になじめない

基本的に田舎に行けば行くほど、地域のつながりが密になります。町内会の集まりや花見があったりなど、都内では考えられないような行事も非常にたくさんあります。

 

何とかなると思っていても、想像と違ったというケースもあります。ですが、実際のところ、そこまで何か嫌なことがあるわけではありません。予備知識を付けて覚悟を持っていれば何てことはないものだったりもします。

 

移住する地域制やそこの住人や文化との相性になりますので、ある程度は下調べなどで回避はできます。

 

移住で失敗しないためには・・・

移住で失敗しない為には、仕事の問題が最も大きいことが分かったと思います。

 

地方には仕事がないので、副業を持つなどをする必要があります。移住者に実はオススメなのがFXです。

 

FXというとリスクの高い投資というイメージがありますが、それはFXを良く分からずに始めてしまった人の影響です。きちんと勉強すればFXほど正業として安定する仕事はないかもしれません。

 

成功すればハワイに移住することすら可能です!

 

 

東京杉並区在住です。生まれも育ちも東京23区内なので、物心ついてからずっと人混み溢れる街で生活しています。

 

交通の便も良く、色んな場所にすぐ行けるのは嬉しいですが、去年ハワイに長期滞在して私の人生観がガラリと変わってしまいました。ハワイのゆっくり流れる時間、人々のハッピーなオーラに触れて、私もここに住みたい!という気持ちが生まれ、帰国してもその気持ちは強くなるばかりです。

 

ハワイに移住するのが今の私の一番の目標です。ハワイの気候、湿気が少ないというのも魅力ですし、日本人が多いので住みやすい海外だと思います。食べ物も日本食がたくさんありますし。

 

東京の人混みの多さ、流れる時間のスピードに疲れてしまったというのが一番の理由かもしれません。東京も大好きですが、もう少し歳を重ねたらゆっくりした時間が流れるハワイに移住したいです。

 

海外なのでビザの事や生活を考えると今すぐ移住はできませんが、短期滞在を繰り返しながらハワイに移住する道を少しずつ模索していずれ移住できたらいいなと思っています。